« 寒い日々が続いています | トップページ | やしきたかじんさん、死去 »

2014年1月 7日 (火)

鷽替え神事、鬼すべ神事

1月7日といえば、七草
すでに、昨日からスーパーなどでは「七草のセット」が販売されています。

そして、1月7日といえば、大宰府天満宮(福岡県)で「鷽(うそ)替え神事」と「鬼すべ神事」が行われます。
Qnewニュース、昨年の記事

天気は良さそうで、盛り上がりそうです。
(福岡は関西と違い、気温は比較的平年並です)

私は、これをまだ見たことがありません。
夜遅くまで行われる行事なので、泊まりがけで行かないと堪能できないようです。

【鷽替え神事】
参加者が「木彫りの鷽」を交換し、一年間の幸福を祈念する神事。
夕刻より授与される「木うそ」(初穂料として千円)を購入すれば、誰でも参加できます。
(数に限りがあります。ご注意を)

例年1月7日19時より、楼門横の天神ひろばに設けられた(注連縄で囲った斎場)で。
「替えましょう 替えましょう」の掛け声の中、すれ違った人と「木うそ」を互いに取り替えます。
(昨年ついた嘘を清算する意味があります)

また、木うその底には文字が書いてあり、太鼓がなり終わった時点で持っている木うその文字が、読み上げられる文字とあっていれば「金のうそ」と交換してもらえます。

【鬼すべ神事】
その年の災難消除や開運招福を願い、行われる火祭り。
鬼を天満宮の「鬼すべ堂」に追い込み、煙で燻しだして退治します。
大宰府天満宮の氏子達が、鬼を追い出す「燻手(すべて)」と鬼の味方の「鬼警護」に分かれて攻防を。

伝承によれば、986年、道真公の曾孫にあたる菅原輔正(すがわらすけまさ)によって始められたと。

1月7日の21時頃に、鬼すべ堂前に積まれた松葉や藁に火がつけられ、「燻手」が大団扇で煙を鬼すべ堂へ送り込み、鬼を追い出そうとします。
それに対し、「鬼警固」は堂の板壁を打ち破り、堂内の煙を外に出して鬼を守ります。

結局、鬼は退治され(お約束です)、縛られた上、堂内を七回半、堂外を三回半まわります。
(引き回しです)
なお、燃え残った板壁は「火除けのお守り」として、持ち帰って玄関先にお祀りします。

|

« 寒い日々が続いています | トップページ | やしきたかじんさん、死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1243621/54519781

この記事へのトラックバック一覧です: 鷽替え神事、鬼すべ神事:

« 寒い日々が続いています | トップページ | やしきたかじんさん、死去 »